ちゃまの高級ホテル宿泊記

アンサナリゾート&スパ イフル モルディブ


大感謝キャンペーン
アンサナ・リゾート&スパ・イフル モルディブ(モルジブ)

久々の更新となりますが、2009/07/20〜2009/07/25で10数年ぶりにモルディブに行ってきました。

今まで行った旅行先で、ダントツのお気に入りは何処?と聞かれればモルディブと即答出来る。

前回はシェラトン(当時はフルムーンでした)の水上コテージに宿泊しましたが、今回は、あえて水上コテージのある島を避け、アンサナ・リゾート&スパ・イフルに決めました。

アンサナ・リゾート&スパ・イフルを選択した理由は幾つかある。
・アホハネムーナーに出会いたくない(水上コテージが無い)
・ハウスリーフが良い
・北マーレにあること
・食事が良い
・日本人スタッフが居ない

一言で言えば、海外でみっともない日本人に出会いたくない。
という単純な理由である。

我々の滞在中日本人は5組程。しかし、この内の2組がバカ丸出しで最悪。
年代から見て、ハネムーナ。
同じ民族として、恥ずかしいよ。。

さて、アンサナ・リゾート&スパ・イフルに話を戻すとする。
午前中引き潮時の海面は、ドロップオフ手前はサンゴぎりぎりで、ある意味危険。
ドロップオフまで大体15M程でしょうか。。
(島の逆側は、もう少々長いです。ちょっと波が高く、流れもあります。)

ドロップオフは、20M程落ちます。
流石にスキンでは海底まで到達できません。

魚影の濃さは想像通り。やはりモルディブは良いですね。

アンサナ・リゾート&スパ・イフルの食事
・朝、昼はビュッフェスタイル(毎日あまり代わり映えはしません)
・夜は日によりビュッフェであったりコースであったりと
 でも、美味しいですよ!

アンサナ・リゾート&スパ・イフルの部屋
・ちょっと狭い。が必要十分
・デラックスには屋外ジャグジーバスが付いている。が殆ど利用せず。
・部屋にフィリップスのCDコンポがあります。MP3対応で結構良い音。
・飲料水は毎日2本補充される。無料。追加はダイヤル2をコールしてね!と書いてある
・アメニティは一通り揃っている
・部屋からビーチへは、目をつむって歩いて10秒(笑)
・小鳥が毎日エサ貰いにやって来る

アンサナ・リゾート&スパ・イフル他
・姉妹リゾートのバンヤンツリーには2時間おきに送迎してもらえる
・バンヤンでの飲食は、イフルに付けられる
・スパは良いのだが、本場タイには適わない
・滞在中は、全ての支払いはサインでOK
・スノーケルセットや救命胴衣は無料でレンタルできますよ!
・ちなみに私はスノーケルセットを何処かのバカに盗まれました
・日本人は結構多い
・雨季であったが、滞在中の日中は降雨なし
・コーラ200ML5ドル。タバコ4ドル。リゾート価格ね
・カクテル類は、大体10ドル〜
・お湯沸かせます。カップ麺1つ持っていった方がいいかも
・BARは0:00まで。食べ物のラストオーダは22:00まで

その他
・行きも帰りも叶姉妹と同じ飛行機。彼女達とGoodLookingGuysは我々の少し前に座っていました。
・マーレ国際空港には、出国審査後にPriorityPassで利用できるラウンジがある。
・コロンボ乗り継ぎ時にも、PriorityPassで利用できるラウンジがある。
・成田第二には、出国後に利用できるラウンジは航空会社のものしかない。失敗した。

時間が出来たら宿泊記作ります。

たくさんコメントくださいね!

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

中国都市情報
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

posted by ちゃまのすけ at 04:31 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) その他地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事への感想
初モルジブ、イフルへ2月23日に行ってきます。
ドロップオフまでがたったの15メートルだなんて驚きです。
それならば泳ぎが苦手な主人でも大丈夫ですね。
ちなみに西日が沈む側でしたか?

私もタイでダイビングのボートで足ひれを片方なくしたといって弁償させられました。外人が隠したくせに・・・日本人は払うからいいかもなのでしょうね。
Posted by 塩原邦子 at 2012年01月28日 14:05
こんにちは!

ごめんなさい、夕日の方角は忘れましたが、ほぼ真東側のお部屋でした。

はい、本当にあっという間にドロップオフになります。

しかし、泳ぎの苦手な連れは、救命胴衣を付けているにもかかわらず、その深さが一瞬目に入っただけで逃亡しました(笑)。。

初モルディブですね!
素晴らしい島ですので、楽しんで来て下さいね!
Posted by ちゃまのすけ at 2012年01月28日 23:11
感想を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中文字を半角入力
※承認コメントのみ表示。

この記事へのTB

ちゃまの高級ホテル宿泊記



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。