ちゃまの高級ホテル宿泊記

グランドハイアット福岡


大感謝キャンペーン
予約

私の総合評価 ★★★★★

もう何度福岡のホテルに宿泊しただろうか。数えたことはないが、恐らく80泊はしていると思う。

高級ホテルにはまる前、常にビジホに宿泊していた私はグランドハイアット福岡の前に立地するワシントンを予約することが多かった。

そもそもキャナルシティが出来たのが1996年。思えばその頃から福岡には仕事で定期的に訪問しており、その頃の私にはビジホが相応だった訳だ。

それを思えば、私も今は出世したな。と思う。

さて、博多及び天神等周辺の繁華街には高級ホテルが沢山ありますが、私の琴線に触れるのがグランドハイアット福岡である。

グランドハイアット福岡は、博多駅と天神のほぼ中央に位置する「キャナルシティ」内に立地している為、中州にも近い。という全てが揃った利便性。他の博多高級ホテルと比べて飛びきりのハードウェアとホスピタリティ。正直価格を除けば他の選択肢は無いと思えるほど完璧。

食事するにもなだ万を初めとする数々の最高級レストラン、バーに至っては2つあり、全てがハイアット内で完結します。

到着すればドアマンが迎えてくれ、チェックインをすませばもちろんベルがお部屋まで案内してくれます。その流れもとても良い。

宿泊価格は博多では一番高価なのではないでしょうか?しかし、大きな喜びと感動があるのもまた事実です。


■グランドゲストルーム

一番狭いお部屋になります。それでも27平米ありますので、普通のシティホテルのツインルーム程の広さです。

もう一回り広いデラックスタイプの部屋と比べれば、狭さは否めませんが、一人なら十分でしょう。

和の雰囲気を取り入れたここもハイアットタッチのお部屋です。

が、実際宿泊してみると、何故か本当の部屋の大きさより少々狭く感じるのは事実です。そのカラクリは後ほど。

予約

グランドハイアット福岡

■ライティングデスクと調度品

至るところにガラスと鏡が利用されています。デスクはガラスで出来ています。

お部屋全体に和のテイストが感じられますが、これも良質のセンスで上手に纏められています。市松模様が素敵です。この市松模様は、うまく纏めないとギャグになりますが、ここは素晴らしい。

シンプルだけれども、ハイセンス。何処のハイアットにも通じる素晴らしい空間です。

写真左部にTV、冷蔵庫、ミニバー等が全て纏められて収納されています。この辺りの作りは流石です。が、少々コレが使いにくいのは事実です。

ハイアットと名の付くホテルは福岡に3つありますが、グランドハイアット福岡は他と比べ物にならない位の設備を誇ります。


■水回り

ほぼベッドルームと同じ広さ(感覚的に)の水回りです。ここに十分な広さを取っているのでグランドのベッドルームは少々狭いのですね。しかし、これで正解だと思います。

私の様な出張客には、27平米なら水周りが広い方がゆったりまったり出来て、良いと思います。

大きな鏡とガラスの洗面台。この水回りのデザインセンスは本当に素晴らしい。デザイナーは恐らくこの水周りを一番高いプライオリティで設計したのではないでしょうか?

しかし、何処のハイアットもこの水周りのセンスは流石です。

博多高級ホテル

博多高級ホテル

■ここにもTV

便器の上にはTVが埋め込まれています。このTVは、バスタブに浸かっている時に正面に来る様に配置されています。

リモコンは外れませんでした。これは不思議だ。。

私いつも思うのですが、そんなに皆さんテレビを見たいのでしょうか?


■バスタブとシャワーブース

バスタブは余裕の広さ。ちなみにシャワーブースもちゃんとあります。やはり高級ホテルはこうでなくちゃいけません。もちろん着心地の良いバスローブもあります。

私にとって高級ホテル三種の神器とは、「バスローブ」、「シャワーブース」、「ドアマン」だったりします。

グランドハイアット福岡には、もちろん全てあります。

ちなみにバスアメニティには「死海の塩」までありました。ミネラル豊富と書いてありました。正直効果はよくわかりませんでしたが。

博多高級ホテル

博多高級ホテル

■眺望

博多市内のホテルで眺望を期待してはいけません。何故なら高層建築物がないならです。市内に飛行場がある事に起因するのでしょうか?

グランドハイアット福岡のお部屋がキャナルシティ側の9Fでしたので、左に見えるのがキャナルシティワシントンホテル。右側がキャナルの映画館ですね。ああ、10年前は、ワシントンだったな。。と感慨深いものがありますね。もう泊まる事はないだろうけれど。。

さてさて、ある意味このキャナルの色遣いは素敵です。なので、夜景は正直Xですが、外の景色は中々ですよ。

しかし、ご覧の通り、2つのホテルは向かい合う様に立地しています。お互い客室内部は丸見えなのですね。。カーテン必須です。

ちなみにグランドハイアット福岡内のフィットネス「クラブ・オリンパス」の更衣室からは、中洲川が見えます。と余計な事はおいといて、このフィットネス。私ほぼ毎回貸切状態で利用しています。25M(だったか)が4レーンのプールと円形ジャグジーがあります。

私一人しか利用客がいないのに、監視人が常時います。


■雑感

グランドハイアット福岡は、価格に見合うだけの満足感を得られるとても素晴らしい高級ホテルです。

博多には様々なグレードの高級ホテルがありますが、予算さえ許せばここ以外に考えられません。

夜8:00より1F?の大きなバーでは生演奏が始まり、その前後にはキャナルの噴水ショーもホテルの中から見られます。

大酒飲み?にはラウンジの利用と朝食、アフタヌーンティが楽しめるグランドルームがお勧めです。私毎回ホテルのバーで20,000円程支払いますので。。

ちなみにホテルのB1にはフードコートがあります。こちらの方はリーズナブルです。


宿泊予約

以下は各ホテル予約サイトにリンクしています。よろしければこちらからどうぞ!


一休での宿泊プランと価格


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

このサイトは管理者が実際に複数回宿泊し、満足できたホテルのみ
厳選してご紹介しています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




たくさんコメントくださいね!

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

中国都市情報
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

posted by ちゃまのすけ at 02:37 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) 博多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事への感想
ちゃまさま
トラックバックありがとうございました。
詳細なページを拝見していると、楽しかった宿泊の思い出がよみがえってきました。
グランドハイアット福岡にかんして、ささいなことですが、使いづらかった点を述べておきます。なお、私が泊まったのは一番小さいゲストルームのツインだったと思います(ひょっとしたらグランデ?)。

まず、調度品のなかで、電気ポットをいちいちひきださなくては、カップがとりだせないのは使いづらかったです。常時、電気ポットを出しておけばいいのかもしれませんが、ひっかけるかもしれないと思うと怖くって。
バスルームも、広いだけでなく、お湯のたまりがとても早くて感動ものだったのですが、シャワーブースは使いづらかったです。便器の上のリモコンがはずせないのは、不便でした。風呂や便器に落としたりする人が多いのでしょうか。
部屋全体の印象ですが、よいデザインのかわりに機能性がやや犠牲になっていると思います。

高級ホテルに子連れでいってもしょうがないのかもしれませんが、建物や調度品よりも人的なサービスが洗練されていることに、私はほっとします。子どもの頃から贅沢させておくと教育上よくないのかもしれませんが、子連れでも、というより子連れだからこそいいホテルに泊まっておきたいと思います。

ブログのますますの充実を楽しみにしております。
Posted by Iwademo at 2006年03月06日 23:33
再来週、グランドハイアット福岡に宿泊します。出張を絡めて費用は半分自己負担なのですが。丁度、パートナーも近隣で仕事があるらしく合流するかと。その際の料金をどうすれば良いか問い合わせしたところ、パーフェクトな電話応対。ますます楽しみな福岡出張です。良いホテルに宿泊するのって、自分への褒美なのですよ。自分時間を満喫してまた明日から頑張ろう、って。では行って参ります。
あ。私はホテルのバーが必須なのですが、グランドハイアットには2つのバーがあるんですよね?
2泊ですので両方で楽しみたいと思います。
Posted by チワンコ at 2009年12月04日 08:10
感想を書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中文字を半角入力
※承認コメントのみ表示。
この記事へのTB
http://blog.seesaa.jp/tb/14265102


この記事へのTB

ちゃまの高級ホテル宿泊記



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。