ちゃまの高級ホテル宿泊記

2010年12月16日

SPG Goldはなんとか

訪中で、なんとか来年度のSPG-GOLDは確定した。

しかし。。ご存知のとおり、GOLDとPLATINUMの差は、天と地程ある。
まぁ、出張も激減したので、もはやPlatinumに到達することも無いのかと。

来年2月までの、数少ないお楽しみと言う事で。。
今週末、ウェスティン東京に、無料宿泊に行ってきます。


posted by ちゃまのすけ at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

フォーポイントバイシェラトン杭州

7月に杭州に立ち寄る。
目的は、以前よりどうしても行ってみたかった、西湖に行くためだ。

初めて杭州に立ち寄るので、ホテルを決める。
定宿の、スターウッド系のホテルは、フォーポイントバイシェラトン杭州がある。。

しかし、このフォーポイントバイシェラトン杭州であるが、西湖に行くには、少々立地が良くない様だ。
しかし、価格は非常に安い。日本円にして10,000円程だ。

少々楽天トラベルで、西湖周辺のホテルを検索する。
クチコミを見れば、やはり中華系ホテルはどうも日本人の感覚には合わない様で、厳しい意見が多い。
それに、所謂米系高級ホテルに慣れた私には、無理でしょう。
普通の日本人の感覚で無理ならば、私にはもっと無理。

そういえば、私、中国に何度も行っている割には中華系のホテルに宿泊した事がない。きっとしない方が精神衛生上良いでしょう。

フォーポイントバイシェラトン杭州を、立地的な面で諦めるとすれば、残りの選択肢は、ハイアットリージェンシー杭州である。

こちらは、湖の畔に立地するが、宿泊費用はフォーポイントバイシェラトン杭州の倍である。

さて、どちらを選択しましょうか。。
posted by ちゃまのすけ at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

シェラトン深セン福田ホテル

昨年は、結局3度中国に遊びに行った。

といっても、各地色々と訪問する訳でもなく、行く所と言えば、深センばかり。

深センは、香港から電車で1時間弱で行ける、手軽な中国本土です。
しかし、その治安の悪さと行ったら、香港とは比べ物になりません。

安全第一。と言う事で、宿泊場所は米系ホテルをやはり選択します。
深センにはスターウッドブランドのホテルが3つあります。
シェラトンが2つと、先日ウェスティン深センがオープンしました。

私は何時も、シェラトン深セン福田ホテルに宿泊します。
このホテルの豪華さったらありません(笑)

場所も、地鉄駅横で利便性も良いし、横には巨大なモールもあるので、何をするにも困りません。

このシェラトン深セン福田ホテル周辺も、大規模な開発が着々と進んでおり、中国の急激な社会変化を感じ取ることができます。

ちなみに宿泊費は、末端で2,500元程。
2,500元と言えば、中国大卒の初任給に相当します。
日本円にすれば、40,000円程なので、ある意味たかが知れてます。

先日シェラトン深セン福田ホテルのエグゼクティブスイートに宿泊しました。アップグレードでは無いですよ(笑)。
今まで何度も宿泊しましたが、一度もアップグレードされた事ないですから。

さて、このシェラトン深圳福田ホテルのエグゼクティブスイートですが、正直この後に宿泊したウェスティン広州のエグゼクティブスイートと比較すれば、数段落ちるのがちょっと残念ですが、それでもかなりのものでした。

後日写真をアップロードしようかと思います。

そろそろこのBLOGも、国内ホテルは打ち止めにしようかと思います。
seesaaは中国語が化けるのが、痛いです。。
posted by ちゃまのすけ at 01:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

シェラトン深セン福田ホテル

私の中国珍道中2日目はシンセン(深セン)に。

以前の深セン訪問時は、ローウー(羅湖)で唯一の高級ホテル?であるシャングリラに宿泊しましたが、今回はちょっと足を伸ばし、会展中心駅に聳え立つホテル「シェラトン深セン福田ホテル」に宿泊しました。

羅湖を避けた理由はいくつかありますが、何せ羅湖は治安が悪い(笑)。

シェラトン深セン福田ホテルは、WEBで見る限りとてもゴージャスな雰囲気を醸し出しており、これも私好みだったりします。

しかし。。。。
ここでもまた方向音痴っぷりを発揮する事になるとは。
会展中心駅内をさ迷うこと30分。

それでもわからず一度地上に出る。
周りを見渡せば、すぐに「コレ」だ。とわかる奇抜かつ高層建築物を発見。

何故私はいつもこうなんでしょ。。
ここは、フロントの対応、部屋、レストラン全てがパーフェクトでした。

中国へのイミグレも快適な別ルートを発見したので、もはや別のホテルに浮気する必要もない。

久々に、よいホテルに出会いました。
詳細は、シェラトン深セン福田ホテルの宿泊記を作ります。
posted by ちゃまのすけ at 01:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W香港

さて、先日W香港に宿泊した。

W香港は、WEBでみる限りとてもスタイリッシュな空間で、私好みのシンプルかつハイセンスなホテルである。

一泊2,000HKD程ですので、まぁ、一度予約してみるか?ということで、シェラトン香港の次に宿泊する。

さて、このW香港ですが、九龍駅の駅ビル(ELEMENTSショッピングセンター)直結なのは良いが、何せ入り口がわかりにくい。

得意の方向音痴も幸いして、九龍駅のELEMENTSをさ迷うこと1時間。
やっとこさW香港の入り口に到着する。
この入り口も、よくある豪華なホテルという訳でもなく、HMVの隣にある普通の自動ドアをくぐってエスカレータで上がるとフロント。という作り。

こりゃ迷路か?って感じ

フロントでも、ポップな音楽が絶えず流されており、よくあるホテルとは一線を画すものがある。

W香港宿泊記
posted by ちゃまのすけ at 01:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。